プロフィール

鷺草

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/11/05//Sat.
名残の露草
露草DSC2607
露草の花は、
朝元気に咲いていても
お昼頃には花びらがクルクルとしぼんでしまいます。

そんなうつろう露草の一瞬の輝きを
ファインダーに刻み
永遠の輝きを祈ります。

スポンサーサイト
2010/08/29//Sun.
露草
露草
(撮影日 2010年8月)

朝咲いていた露草は、
お昼頃にはしぼんでしまいます。
そのため「Day flower」と、言われています。
まさに
露草は、名前のように
露に濡れた間だけ咲く
儚い花です。

この日も、35℃の猛暑が続く大阪ですから
AM11時頃になると
花びらがしぼ見始めていました。

青い花びらがしぼみ始めると
あっと言う間に花びらは跡形もなく
しぼんでしまいました。

2010/08/22//Sun.
ヒマワリ
ヒマワリaaa

ギリシア神話では、ヒマワリは乙女の化身だそうです。

海の神の娘は、
新しい女性に心を奪われた太陽の神アポロンを
諦められません。
そこで新しい女性の父親にアポロンとの事を告げ口します。
その結果、
アポロンは、海の神の娘の元に戻るどころか
嫉妬に駆られた
娘をますます軽蔑して避けてしまいます。

娘の思いは届かず、
アポロンを見ながら
涙を流し続け
最後には、
向日葵の花に姿をかえたそうです。

ヒマワリaa

<撮影の舞台裏>
雨上がりには、
ヒマワリの花びらに滴が輝いています。

写真にヒマワリを撮影するなら
花の中心の種部分は、
茶色や黒色以外の色が好きです。
今年は、ゴッホ、モネ、ゴーギャン、マティスなどの名前が付いた
ヒマワリを使って撮影をしてみました。

ヒマワリの花は、
構図によりイメージが異なる
奥が深い花です。
ヒマワリ
暑くても青空に白い雲が出てきて
しかもその風景が、
滴に映りこむまで我慢競べでした。

2010/08/21//Sat.
ヒマワリ 
ヒマワリb
<灼熱の太陽に輝くヒマワリです。>

バックの空が、ヒマワリより明るいため
ヒマワリが、
思うように撮影できません。
EVの差をいかに
少なくするかが鍵です。

日中シンクロを使えば
問題はクリアーすると思いながらも
あえてシンクロを利用せずにチャレンジです。

炎天下の中で、
ひたすら欲しい光と白い雲を
待ちながらの撮影でした。

ヒマワリa
<光玉とヒマワリ>

昨日の大阪は37℃を越えています。
連日の猛暑に夏バテが防止が大変です。
疲れた胃腸のためにも、
ぬめりがある野菜を食べて、
消化吸収を助け、食欲増進をはかりま~~~す。
「モロヘイヤ」、「オクラ」、「山芋」等の
ネバネバ・ヌルヌル~~~登場です。(爆笑)

山芋をおろし、
その中に、「オクラ」「魚介類」「野沢菜」「ごま」を入れ、
最後の仕上げはきざみのりをトッピングします。
「モロヘイヤ」は湯がいて、和えちゃいます。(^o^)

夏バテ防止と思いながら食べるので、
結局、夏太りです。

2009/10/01//Thu.
ポーチュラカ
aDSC_0009.jpg
秋霖に濡れる秋の花に目を止めます。
今日は、名残のポーチュラカです。

<一口メモ>
前ボケ遊びです。
前ボケの色遊びですが、
ほどほどが面白いです。

このお花の可憐さは、
撮影角度がきめてと反省した一枚です。




[TOP] next >>
copyright (C) 2006 風に吹かれながら(写心) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。