プロフィール

鷺草

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/17//Sat.
ハルリンドウ 六甲高山植物園
20060617070218.jpg

ハルリンドウは、先端に青紫色の花を1個つけますが、株はまとまって咲いています。

ハルリンドウの花冠は、2から3センチですが、よく似たタテヤマリンドウの花は、花冠が、1.5センチから2センチです。

なお開花も、ハルリンドウは、3月から5月
タテヤマリンドウは、6月から7月です。

六甲山の海抜865メートルにある高山植物園では、
年間平均温度が9度と北海道南部のような気候を利用して、日本各地や、ヒマラヤやヨーロッパアルプスなど世界各地の高山植物や寒地性植物など、約1500種類が楽しめます。

(撮影場所は、六甲高山植物園から)

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
2006/05/11//Thu.
オオバキスミレ (六甲高山植物園)
20060511060845.jpg

20060511060830.jpg

オオバキスミレは、 黄色の花にハート型の葉でいつ見ても印象に残ります。
今年も六甲高山植物園において撮影をしてきました。

<一口メモ>

植物に近づけないので、脚なしですが、
180ミリマクロレンズにテレコンレンズを入れて撮影をしています。
昼間なので、光に助けられての撮影ですが、光不足になるとブレそうです。

コンクリートの柵がありますから、その上などを利用しても良いですね。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2006/05/04//Thu.
ニリンソウ(六甲高山植物園)
20060504095144.jpg

20060504095107.jpg

ニリンソウは、キンポウゲ科の植物で、
山麓の林やなどに生える多年草の植物です。
歌にも登場するお花で、茎の先に2個の花を5月頃につけます。

5月3日、朝7時の中国縦貫道の渋滞情報を確認すると20キロの情報なので、
行き先を豊かな自然にあふれる「六甲山」に変更して出掛けました。
木々を渡る爽やかな風と、新緑はリゾート気分を味わえる身近なスポットです。

8時に出掛けましたが、171号線も176号線も渋滞で
池田市や伊丹市、宝塚市で車が混み、
裏六甲から山を目指すルートに変更をしました。

やはり宝塚の高速入り口では、一般道まで並んでおり、
逆瀬台を抜けて六甲山に登り、まず六甲高山植物園に入り撮影をし、
お昼近くになったので摩耶山へと向かいました。
六甲山はいろいろなスポットが緑の山に点在をしていますが、
六甲山牧場の駐車場待ち時間は、2時間となり、
駐車待ちの車が山道の路肩に並んでおり、運転手さんのご苦労が忍ばれました。
森林植物園から摩耶山へ抜け、有馬街道から明石・三木へ向かった一日でした。
帰りは高速に乗りましたが、やはり下り線は渋滞のままでした。

<一口メモ>
六甲高山植物園のサクラソウの開花を楽しみに出掛けましたが、開花が遅く、
今年の開花予想は、5月中旬から下旬となっていました。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking


2005/07/02//Sat.
コマクサ(六甲高山植物園)
20050702055951.jpg


コマクサ(駒草)は、 ケシ科の植物です。
花の形が馬の顔に似ているので「駒草」と名付けられました。
高山の砂礫地に分布し、「高山植物の女王」と言われています。

20050702060019.jpg


コマクサは、「咲くやこの花館」や「六甲高山植物園」でも楽しむことが出来ます。

咲くやこの花館は、屋内。
六甲高山植物園は、野外です。

どちらの植物園も柵や岩などで素材との距離があります。
地面は砂礫なのでマクロ撮影にはご注意下さい。
(今回は、サイバーショットF828で撮影をしています。)

20050702060058.jpg



人生、ちょっと立ち止まってみようよ。

時には、その頬に風を感じてみようね。

そうすれば、大切な物が見つかるかもね。

道草もいいもんだよね

[TOP]
copyright (C) 2006 風に吹かれながら(写心) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。