title060215d.jpg
風に吹かれながら(写心) 蝶(北摂で楽しめる蝶)

小さな秋を見つた シジミチョウ 

シジミチョウ_DSC2065

ひまわりの撮影中に
ふと見つけた
小さな秋です。

ツバメシジミ 

シジミチョウa

「ツバメシジミ」と、思われます。

ベニシジミ 

ベニシジミDSC_4862
(撮影日 2010年9月)

夏の名残と
秋めいた爽やかさが
交互にやってきて、
日々秋が訪れます。

<撮影の舞台裏>
前ボケ、後ボケを利用して
ベニシジミ狙いです。

バックのオミナエシが、
画面全体に
綿雲のように広がるような構図を
イメージして
シャッターを切っています。

しかしながら
相手は、生き物なので
思うような場所で
ジットしてくれません。

触角の位置も
物足りないものとなりました。

ベニシジミチョウ 

ベニシジミa
(撮影日 2010年8月 ベニシジミチョウ)

大阪は、11日連続の猛暑日です。

「今日は、少し過ごしやすいね。」と、
今朝、家族と会話をしながら気温計を見ると31℃です。
いつもより2℃低いです。
・・しかし、
過ごしやすかったのはつかの間の事でした。

太陽の日差しが強くなると
あっという間に35℃を越えてしまいました。

ベニシジミチョウも早朝は、
少し動きが緩慢です。
しかし気温が上がると
動きが活発で
盛んに植物を飛び回っています。

そんな姿を眺めながら
「昆虫には、夏ばてしないのかなあ?」と、
一人不思議に思っています。

ちなみに我が家のウサギは、
暑さで、のびのびしてぐったり状態です。

タテハチョウ 

蝶DSC_4021
ヒマワリで見かけたタテハチョウ
(撮影地 大阪万博公園) 
(撮影日 2010年8月)

風にのり色々な匂いが届きます。
子供の頃かいだ匂いは、
記憶の中にインプットされていて、
その匂いを嗅ぐと、タイムスリップしちゃうのです。

貴方は、いかがですか?

土手で嗅いだ川の匂い、
ヨモギの匂い、
潮騒の匂い、
森林の香り。
どれも懐かしい物ばかり。

風に吹かれながら過ごしたいなあ。